妊活ができる栄養素豊富のマカの効果|頑張るママさんをサポート

治療の流れ

カウンセリング

不妊治療では、妊娠しにくい原因となっているものを治療することと、妊娠の可能性を高めることを目的として行ないます。排卵がしにくいため自然妊娠の可能性が下がっている場合、排卵誘発剤を使用するような治療を行ないます。また、それに対してタイミング法や人工授精を行なうことによって、妊娠の確率を高めることができます。不妊というのは原因が1つではないことが多いため、治療をしても妊娠するのが難しいのです。また、男女ともに原因があることもあるので、原因に対する治療と、妊娠の可能性を高めるための治療を行なうことが重要なのです。不妊治療の一般的な流れはタイミング法を行ない、それでも妊娠できない場合は人工授精を行ないます。人工授精を行なっても妊娠できない場合は、体外受精や顕微授精を検討するという流れになります。

初めて不妊治療をカップルが行なう治療法としてタイミング法があります。タイミング法とは、排卵日の前後に性行為をして自然妊娠しようとする方法です。タイミング法は保険が適用されるので、比較的安い費用で行なうことができます。排卵誘発剤や卵胞刺激ホルモンなどの薬物を使用する不妊治療もあります。排卵誘発剤は、文字通り排卵を促すものですが、卵を大きい状態で排卵することによって妊娠しやすくする効果があります。薬物療法も保険が適用されるので、数千円程度の治療費に抑えることができます。人工授精や体外受精などの不妊治療になると、保険が適用されなくなるので費用高額になってしまいます。